マンゴー:Mango

マンゴーは濃厚な甘みと独得の香りのする熱帯の果物です。
インドからインドシナ半島が原産といわれ、紫外線が強く高温多湿な沖縄はマンゴーにとってもっとも適した土壌です。
マンゴーは多くのビタミン群と必須アミノ酸を含み、栄養価が高く近年は高級志向の果物のひとつになりました。
ビニールハウスで栽培され、石垣島での出荷シーズンは梅雨が明けた6月ごろになります。

マンゴー アーウィン アップルマンゴー

日本で栽培されているマンゴーの95%はこのアーウィン種だといわれています。
アーウィンは、熟する時期がわかりやすく、大きさも手頃です。
そのため沖縄以外の遠隔地にむけて出荷されるのに適しています。
八重山は日本の中でも唯一熱帯雨林気候に属し、熱帯果樹の故郷に近い気候のためマンゴーの生産には最適な地域です。
そのため糖度の高い、品質の良いマンゴーが収穫できます。

 

マンゴー キーツ

キーツはアーウィンと比較すると大ぶりなのが特長です。
女性の手だと、両手でないと持てないほどの大きさになることもあります。
塾度が増すとすぐに皮が赤くなるアーウィンと比較すると、緑色のままのキーツはなかなか熟する時期がわかりにくく
食べごろがつかみにくいといった点があります。
しかし、熟して食べごろになったキーツは糖度も高くアーウィンに勝るとも劣らないほど美味しくなります。
石垣島SUNファームではキーツも大事に栽培しています。