2009年度全国果樹技術経営部門農林水産大臣賞受賞

石垣島SUNファームでは国内産農業生産物の信頼を基に主に熱帯果樹の栽培出荷を全国に向けて行っています。 NHK番組:産地発!たべもの一直線「沖縄 石垣市 発 パイナップル」で紹介されました。


石垣島當銘パイナップル

パイナップルは甘くて酸っぱい独特の風味が特長の熱帯の果物です。南アメリカの熱帯地方が原産で、日本では沖縄県の名護市と石垣市で栽培されています。苗を植えてから成長するまで、およそ2年もの年月がかかります。その間、強い紫外線や台風など過酷な自然環境にさらされながらも豊富なビタミン群と非常に高い栄養価のある果物として結実します。7月〜9月、11月〜2月ごろが出荷シーズンです。

石垣島當銘パイナップル

マンゴーは濃厚な甘みと独得の香りのする熱帯の果物です。インドからインドシナ半島が原産といわれ、紫外線が強く高温多湿な沖縄はマンゴーにとってもっとも適した土壌です。マンゴーは多くのビタミン群と必須アミノ酸を含み、栄養価が高く近年は高級志向の果物のひとつになりました。ビニールハウスで栽培され、石垣島での出荷シーズンは梅雨が明けた6月ごろになります。

石垣島當銘パイナップル

石垣島SUNファームは沖縄県の最高峰、於茂登岳とバンナ岳に挟まれた水の豊富な開南地区にあります。緩やかな斜面は水はけも良くパイナップルの栽培には最適な土壌が備わっています。熱帯果樹はその特性上高度な作育を求められますが、長年にわたる研究試作の結果、石垣島という温暖な気候も幸いして高品質な果実の出荷に成功しています。2009年には全国果樹技術経営部門で農林水産大臣賞を受賞いたしました。